息子初めての海遊館

励みになりますので、いいね代わりにポチっとお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村

こんにちは、Icoです!

大阪人なら一度は聞いたことがある、
「イルーカ、ペンギン、タカアシガニー♪」のテーマソングでお馴染みの、大阪市港区の海遊館に行ってきました。

大阪での子連れお出かけ定番スポットの1つです。
春休み、まん防が解除されたとはいえ、
年度末で忙しい方、コロナに感染された方、遠方で遊びに来れない方、園や学校がお休みで子育てに忙しくお出かけ計画も立てるのが大変な方、取り敢えず水族館が好きな方、お子様に素敵な動物達の写真を見せたい方…、
今回も写真・動画をたくさん撮ってきました。

是非、1人でも多くの方に動物達の可愛さや美しさ、癒しが届き、
海遊館に行った気分になって頂き、
ご自身が落ち着かれている時に、実際に足を運んで頂ければ幸いです。

海遊館とは

海遊館のホームページはこちらです。

世界最大級の水族館 海遊館 (kaiyukan.com)

開館は1990年、私の1つ下の年齢です…笑。

約620種、30000もの生き物が暮らしています。

目玉はやはり太平洋水槽のジンベエザメ。
イルカ、ペンギン、タカアシガニ、マンボウ、アシカ、多くの動物達がいます。
しかし、ただ、見て満足するだけではありません。

行きは単純にどんな生き物に会えるかワクワクします。
中盤は美しさに魅せられ、ガラスの向こうの神秘の世界に心を奪われます。
そして帰りは、この地球に生きているという事に感動する…そんな施設だと思っています。

約6割がリピーターです。
私も小学校の遠足で行ったのが初めてですが、学生時代も社会人になってからも、数年に一度は行ってますね。
前回は2018年の夏に行ってました。
1人で…笑。
え、1人でゆっくり見たくなる時ありません…?
今回観察してみると、子連れ、カップルは勿論、意外と男友達で…という組み合わせも多いです。
春休みにしては空いているかな…という印象でした。

料金は、
大人(16歳以上64歳以下)2400円
子ども(小・中学生)1200円
幼児(3歳以上)600円
シニア(65歳以上)2200円
です。
他にもジンベエバックヤード追加1000円、お食事タイム更に追加1000円という設定も☆

個人的に、クルージングが大好きなので、
海遊館・サンタマリア共通券がお勧めです!
(今回訪れた日、サンタマリア運休日だったんです…。
子どもが生まれるまでは、飛鳥みたいな豪華客船ではありませんが、旅行への足とする以外にも、観光船・湾クルーズを楽しんでと、年1で船に乗る位には船好きです。)

今回行く事になったきっかけは、アドベンチャーワールドの旅行以来、息子がペンギン大好きになり、
3月は旦那の連休があったので「ペンギンが見れる日帰り旅行」という事で、海遊館になりました。

海遊館へ

今回は前後を端折って、
海遊館のみにスポットを当てるので、私が訪れた周辺情報等は次回をお楽しみ下さい。

こちらが外観です。

右手がチケット売り場になっていて、その横から入館出来ます。

写真の場所(チケット売り場・入口)は2階、ベビーカーを押しているので、エレベーターで3階に上がります。
3階の入口にはベビーカー置き場があり、多くのベビーカーが並んでいました。

係の人「置いて行かれても押して行かれても、どちらでも大丈夫ですよ。
中盤はスロープですが、最初と最後はエレベーターでご案内します。」

流石に6か月の娘を抱っこでずっと連れて行くのは大変なので、押して行く事にします。

まずは「アクアゲート」。

海中に居る様で、一気にロマンティックな雰囲気に…!

この後、本来なら、一気に8階までエスカレーターで上る所、エレベーターを乗りに行くのに、スタッフ通路等の水族館の裏側を通れて楽しかったです。
何回も来ていますが、初めての体験でした☆
(裏に特別水槽等がある…という事は無く、本当に廊下を延々と通り、一部多分クラゲの展示の合間を通る位だったので、「体験出来なくて悔しい!!」という事は無いと思います。
個人的には皆が通るエスカレーターの方が面白い!)

8階

旦那と息子とは、8階の「日本の森」エリアで合流しました。

旦那「最推しのコツメカワウソがこんなに序盤で出て来て、あとはテンション下がらんか不安や。」
大丈夫です。

しかし、じゃれあってて可愛かったです♡

7階

7階に下り、「アリューシャン列島」のエトピリカです。

息子をはじめ、周りの人も「ペンギン」と言っていましたが、エトピリカです。
娘はこちらのエトピリカが気に入った様で、熱心に見ていました。
息子はこの後の「モンタレー湾」のアシカ・アザラシがお気に入りで、この2か所で結構時間を取っています…笑。

旦那「一生アシカんトコおるやん!!笑」

ずっと見れるのも良いですが、頻繁にスーっと泳いできては去っていく…というのが、息子には楽しかった様です。

この辺りは大人目線では陸上の様子も見えますが、
子ども目線では目の前を魚が泳ぎ回っているので、
「おおお♡」と、楽しんでいました。

「エクアドル熱帯雨林」へ。
ピラルク、でかい!

世界最大級の淡水魚です。
約1億年前から、ほとんど姿が変わっていないと考えられていて、「生きた化石」と呼ばれています。
アマゾン川流域では高級な食用魚として乱獲が進み、国際自然保護連合のレッドリストに登録されています。

水上にはカピバラも。

次は「南極大陸」です。

息子はアドベンチャーワールドで、凄い速さで水中を泳ぐペンギンに感動した様で、
日頃から「ペンギン、ビュンしたー!」と、しょっちゅう語りかけてきてくれます。
泳いでいるペンギンを見ると、大興奮していました!

しかし私は前方に楽しそうな事をしている生物を見つけたので、先に行って激写です…笑。
「タスマン海」のカマイルカです。

ずっとホースを噛み噛みして遊んでました…笑。

他のお客さん、子ども達にも大人気でした☆

「グレート・バリア・リーフ」です。

サンゴ礁の海、良いですね~☆
こんな景色が楽しめるなら、ダイビングも一度してみたいです。
(と思いつつ、海は「サメが来ないか…。」と、いつも怖くて、一度も出来てません…。)

6階

さて、長い7階でしたが、6階に下りてきました。

やはり圧巻、「太平洋」です。

魚の群れ群れ群れ!の中に、ジンベエザメがユラ~リ泳いでいます。
後ろには「瀬戸内海」もあります。
ウツボ発見!

7階で見た、アシカ達です。

息子は今回でアシカ好きになりました。
動画をたくさん見たがります…笑。

のびのび泳いでいて、気持ち良さそうですね。

スタッフさんも、時々水槽に現れます…笑。

6階から、太平洋の水槽を中心にグルグル回って下りて行く進路なので、
海にどんどん潜っていっている様に感じてしまいます。

「太平洋」、一気にお楽しみ下さい。

個人的ベストショットです。

ここに、ご自身のお子様を立たせたくなりますよね…笑!

因みに、底では砂の清掃かな…という所に出くわしました。

邂逅。

ハタの仲間、タマカイでしょうか。

接近。

んー…。

どいて。

優しくどかされ、泳いでいきました…笑。

特設水槽には、マンボウが居ます。

企画展示・日本海溝・北極圏

「企画展示」は、小さな生き物集…といった所でしょうか。

息子はディズニープラスの影響で、すっかり「ニモ!」と呼んでいました…笑。

ニモで覚えている方も多いでしょうが、カクレクマノミです。

チンアナゴ・ニシキアナゴもいました☆

3年半前に行った時は、こちらのコーナーにはこんな可愛いフグもいましたよ☆

「日本海溝」では、タカアシガニが。

普段スーパーで売っているカニより大きくて、初めて見た時はビックリしました。

「海月銀河」は、息子に「こわい~…、いや~。」と、促がされて、さっさと出る事になりました…笑。

綺麗なのに…。

「北極圏」では、可愛いアザラシが。

ここから3→4階に上がるのですが、お顔を出した所も見れます。

「フォークランド諸島」のイワトビペンギンです。

こちらのペンギンの反対側はタッチプールがあり、以前はサメ肌・エイ肌を触る事が出来たのですが、
今はコロナの関係で触れません…。
是非触って欲しかったなぁ…。

こちらで海遊館は一通り周り終えました。

今回は見かけませんでしたが、3年半前に来た際には、さかなクンの色紙(ポスター?)が♡

さかなクン好きで、テレビに映っていたらそのまま観ます…♡

カフェ

館内にはスタバを含め、カフェが3つあります。
我々は入館券が無いと入れないcafeR・O・Fに入ってみました。
(あとの2か所は、券が無くても楽しめます。)

ジンベエソフトです。

(ちょっとパシャパシャ写真を撮っていたら、溶けてきました…笑。)
青色部分は、見事なソーダ味!
私は炭酸が苦手なので、一口食べて旦那に渡しました…笑。
暑かったから、もっと食べたかったです。

しかし、海遊館っぽい物を頼みたくなります…笑。
私はラテを。

オーシャンビューの座席もあります☆

船が行き来すると、息子は大喜びしていました☆

お土産

2・3階にあります。
3階は入館券が必須で、3階にしか無いお土産物もあります。
(吟味したい方は、出口で再入館のハンコを押して貰って下さい。)

主婦目線で行くと、お勧めはこちらです…笑。

エプロンばかりだって??
(白浜旅行記見られている方は分かるネタ…笑。
よろしければ関連記事のリンクを。)
エコバッグとかどうですか!

いや、主婦目線過ぎ…笑。
因みに我が家が購入したのはこちら。

ジンベエザメの、しゃもじ!

自立するしゃもじ、欲しかったんですよね…笑。
(トミカは、息子の暇つぶしに持って行った物ですが、現地でも売っていますよ☆)
勿論、可愛いぬいぐるみやカバン、お菓子、ネクタイと、多種多様なお土産グッズが溢れ、主婦以外も楽しめますとも!

遊び予約/レジャーチケット購入サイト「asoview!(アソビュー)」

次回は、海遊館周辺のスポット、難波でのディナーをお楽しみ下さい。

励みになりますので、いいね代わりにポチっとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

関連記事

以前出かけた、白浜旅行記でも、お土産はエプロンを見ていました…笑。
アニマル動画と共に、お楽しみ下さい☆

白浜旅行記④~アドベンチャーワールド・パンダ楓浜♡&パンダみやげ~

海遊館前後のお話と、天保山エリアのお勧めスポットです☆

海遊館前後お勧め!天保山エリアは楽しみいっぱい

5 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。