妊娠生活(7か月・27週目)

こんにちは、Icoです!

今まで株一色でしたが、今回は馴染みが無い方も多い内容かと思いますが、今私はバリバリ妊婦です。妊婦はこんな目に遭い、こんな健診を受けている等、これから妊娠生活を迎えられる方には覚悟と予習をして頂き、出産後の方には振り返って自分を労って貰い、男性の方々には是非奥様を労わって頂きたいです。

息子で一度妊婦生活を10か月程過ごしましたが、悪阻も酷ければ、果たして無事に心臓は動いているのか、咳喘息にもかかりましたが薬を本当に吸引しても良いのか、胎動の威力で内臓が蹴られ戻す事もありますし、終盤はいつ出てくるのもう辛い!!とキラキラマタニティライフとは…という感じでした…笑。私はこんなもので済んでいますが、流産・早産・切迫入院、様々な辛い事も経験をされる方もいます。楽な妊娠生活というものは、無いと思います。普段不安ばかりに心が奪われているので、電車で席を譲って頂けるだけで涙が出そうな程嬉しくなります。終盤にいく程おなかも膨れ、ご老人の方が元気な程、歩くのも動くのもしんどいので、思い遣りの心で接して頂ければ幸いです。

私も本日27週、そろそろマイナートラブルが出て来ます。正直ここからくしゃみが怖いです(尿〇れします。。精神が死にます、マジで)。これと悪阻が無ければ良いのにと思いますが、一度経験すると、「子供1人産むのに、これ位はまぁ変化あるよね…」と何処か達観した気にもなります。が、悪阻中は本当毎日1秒でも早く過ぎる事を願うしかありませんでした。

よろしければ、応援お願いします↓

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

妊婦健診

気持ち悪い、生理が来ない…と、普段と違うなと、検査薬を使ったり病院へ行き、妊娠が発覚します。最近の検査薬は凄いので、陽性と出たら間違いないと思って下さい。ここから病院で心臓の動き…心拍確認が出来ると、市の保健所等で母子手帳を頂けます。私は2回ともまだ心拍確認出来る前だったので、どちらも「来週また来てねー」と言われました。

確認後、問題が無ければ、満23週まで4週間に一度、24~満35週目まで2週間に一度、36週~分娩(出産)までは毎週通う事になります。

基本的に産婦人科やマタニティクリニックであれば、好きな病院で受診し産む事も出来ますが、人気病院で分娩予約が取れない、ハイリスクがあるので設備の整った総合病院で等、必ずしも願った所で産めるとは限りません。

初産婦さんの場合、周りにママ友が居なければ口コミが少なくて、精査も大変かもしれません。

私は1人目の時、最初は大阪の北部に住んでいて、今住んでいる南側に引っ越し予定でしたが、最初に見て貰っていたクリニックから「大和川南側は病院の数グッと減るよ」と言われたので、実家からも通いやすい総合病院を紹介して貰いました。(私の場合、1人目は妊娠悪阻(おそ)という悪阻でもう水が飲めないレベルで、2週間毎日クリニックに点滴に通っていましたが、もう無理!とその総合病院で入院しました。ネットで情報を調べると、頂けるオリジナルおくるみが可愛かったのにも釣られました)

今回は、ママ友さんも周りにいるので、皆に「何処で産んだの?お勧めはある?」と尋ねると、「〇〇病院!ご飯が美味し過ぎる!」と勧められて、問題が無ければそちらでそのまま産ませて頂く予定です。(別の病院で産んだ人は「コウノドリの主人公のモデルになった先生の居る病院で産んだけど、着替え込みでシャワー15分だった……」との事です。私も以前、ここの看護師さんの講演を聞きに行って質問した際にとても冷たくあしらわれた印象を受けたので、行きたく無いです…。が、ここらで一番大きい病院なので、万が一があれば運ばれます…。)ママ友ネットワークは、本当に大切なので、本当に人付き合いしたく無い人以外は、一人二人ランチに誘える位仲良くなるだけで、全然今後の子育て情報も変わります!

長い期間お世話になる病院です。私は一人目の総合病院に問題も文句も全くありませんでしたが、恐らく人生で一番辛い期間を過ごす事になるので、「ご飯が美味しい」「シャワー時間が普通」「あわよくばエステが受けられる」と色々外せないポイントもあるかと思うので、これからの方は是非一度考慮してみて下さい。

妊婦になって初めて知る事

本当にたくさんあるんですが、特に大事そうな所で行きます。

妊娠0~3週が1か月目

タイトルで7か月27週目と書いている様に、この感覚が未だに馴染めません…笑。妊娠0週とは、そもそも生理が始まる週なんです。なので、自分の生理日は本当にメモをしておいた方が良いです。私なんて、まさかこんなに早くまた妊娠すると思っていなかったので、今回Twitterに「始まったなぁ」とか呟いていた日まで頑張って遡りました!

費用は自己負担

と言いつつ、大体の市で母子手帳を貰う際に補助券が頂けます。1人目は本当に何の知識も無いし、特に予告無しだったので突然血液検査されて、前日に実家に帰って柿をたくさん食べたのが裏目に出たのか「ちょっとちゃんと妊娠糖尿病の検査(糖負荷試験といい、甘い炭酸水を飲んで採血されるのですが、悪阻が続いている炭酸が嫌いな人には地獄の時間でした)しましょうか」とか言われました。以降健診前は、下手に食べられません…笑。因みに今回の病院は、健診料の目安や「血液検査します」「超音波スクリーニングします」とスケジュールに書いてて下さるので、補助券も安心して渡してます。また、自己負担と言っていますが、問題があった場合の薬代は保険が効きますし、妊娠悪阻での入院・帝王切開の場合も同様です(差額ベッド代・食事代がされないのは普通の入院と一緒です)。医療保険に加入している場合、私は妊娠悪阻で保険金も頂けました。

無事に産まれて生き延びる事は本当に奇跡

Twitterで探せば、マタニティアカウントを作っている人も多く、悩みや苦しみを分かち合う事も出来ます。…が、「流産しました」「死産しました」本当に、辛い報告もあります。私もいざ産まれて産声をちゃんとあげるかまで安心出来るものかと思っていました。しかしいざ産まれると、今度は寝ている時に息をしているかと心配になります…!生きて産まれて来て、その後大きな病気も事故も無く生きていく事は本当に奇跡だと痛感します。

色んな親が世の中には居ますが、本当に親に今まで育ててきてくれてありがとうと思いますし、実際産まれてからの子育ては周りがどれ程助けてくれても足りない、辛過ぎます。自分が今こうして生きている事自体に感動を覚えます。里帰り出産を選ばれる方が多い理由が分かります。自分の事すら本当にままならないので、ここに家事まで付けられたら爆発します。赤ちゃんが産まれて生きてるのは奇跡ですが、母親側が生きているのも奇跡です。

あとは、個人的に、今までおなかを撫でている妊婦さんって、「赤ちゃんを可愛がっているんだろうなぁ」と思っていましたが、「え、胎動感じないけど生きてる?もしもし!」の刺激だったり、「ちょ、胎動痛すぎるんだけど!」と撫でている気がします。まさしく私がそうでした。

最近の健診

先週の話になりますが、私は26週でしたので、7か月目の2回目健診でした。

この日は超音波スクリーニングと、母親側の心臓・肺機能検査がありました。

超音波スクリーニングは、妊婦さんのおなかに機械をあて、赤ちゃんの心臓の血液の流れを見て、問題が無いかチェックします。旦那から「姪っ子が産まれた時に心臓に穴があいていた」という話を聞いていたので、その子はいつあいたか等尋ねられはしませんが、少なくとも今異常が無い事が確認出来て良かったです。(その子はちゃんと元気で、今年から中学生になりました!)

こちらの病院では、出産までに2回4Dエコー写真という、おなかの中の赤ちゃんのカラー写真を撮る券も貰えるのですが、今回はその券を使わずに頂けるおまけ回で、得した気分でした!が、エコー写真あるある、赤ちゃんが顔を両手で隠していました…残念!

機能検査はベッドに横になり、胸の所にシールの様な物を貼られ、手足首をクリップで挟まれ、数分計測されて終わりました。

特に今の所問題無しです。…が、これからマイナー問題が出てくる時期ですし、今の私には大きな悩みが二つあります…。

最近の妊娠生活での悩み

骨盤が痛い

出産に向けて骨盤も徐々に広がってきますし、おなかも重くなってきます…何より散歩大好きな息子の散歩でそれなりにたくさん歩いたりもしていました…。痛みを感じてからは無理で、最近は息子の散歩を周りに任せてなるべく大人しくしています…。それでも夜になるとその日の疲れが溜まるのか痛くなって、息子をお風呂に入れてやるのも仕事終わりで申し訳ないと思いつつ旦那に任せる様になりました。

病院で相談すると、「骨盤ベルトするしか無いね…」と。

今そんな私の骨盤を全力で支えてくれているのが、こちらです!

トコちゃんベルトを買うまで、前は腹帯でしたし、今回は妊婦腹巻とそのサポーターだけでしたので、全然違います!姿勢が整う感じがします!特に食器洗い等の動きの少ない立ち仕事の時に楽です。産後には骨盤ベルトは必須アイテムですが、こちらは産前産後どちらも使えます!お風呂では当然外すので、購入後も念の為出来るだけ旦那に息子のお風呂は任せています。

付け方は説明も付いていますが、病院でも気軽に教えてくれますよ!本当、1人目もこれにしておけば良かったなと思います。

私は85cmだったので購入したのは写真のMサイズですが、病院で「ギリギリかも」と言われたので、迷ったら大きめを買う事をお勧めします。リンクはLサイズです、気になる方は是非覗いてみて下さい。

体重管理が難しい…

1人目を産んだ後、産後ダイエットに成功して、44kgでした。悪阻で当然体重が減るのですが、途中から徐々に食べ悪阻になってきて…。それに、夏は暑さで食欲不振になるし…と4月7日で43.8kgと元に戻った体重が、5月12日46.6kg!

私「まぁこんなもんだよね、ようやく食べ悪阻も落ち着いてきたし、まだ2kg」

病院「体重に増えすぎハンコ押しても良いですかー??」

私「!!!???」

6月11日も48.6kgでしたが、同じくハンコを押されてしまいました…。

2週間後の6月24日…前日の夜、49kg代に突入した私は、秘策を思い出しました。

「お昼を抜けば良いんだ!」(朝が苦手なので、健診はいつも午後からです!)

健康診断の最後の悪あがき、当日朝は何も食べない様に!

おかげで今回は免れました…が、先程お風呂前に計ると50kg………。

正直、健康診断なんて可愛いもんですよ!こっちは数か月に渡り、高頻度の体重管理!!これも赤ちゃんの為とはいえ…、辛いです!(息子の時は悪阻で全然体重が増えませんでしたが、臨月は呼吸をするだけで増えてるんじゃ…と思う程増えて怖かったです…)

体重は今後の課題です…。次回の健康テーマでは、ダイエットについて書かせて頂こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です