京都鉄道博物館へ・前編(SL)

こんにちは、Icoです!

働いている方、子持ちの方は、お盆休みや夏休みで、旅行に出かけられる方も多いと思います…が、
現在は緊急事態宣言が出ている地域もまだあり、今年も控えようかな…という方もいらっしゃるかと思います。

しかし、9月にもシルバーウイークがあり、旅行やお出かけを楽しもうと画策されている方も多いのではないでしょうか。

我が家は7月に、京都鉄道博物館に出かけてきました。
お出かけ先に迷われた時、「ここ面白そうだな」と候補に挙げて頂ければ幸いです☆

男の子連れの家族は勿論、女の子連れも、友人同士で来られている方も多かったです。

親目線になると、右も左も前方も後方も親御さん達は、子どもを少しでも喜ばせようと連れてきた「同志」だな、と思う様になりました…笑。
テーマパークでも動物園でも無く、電車という少し狭まった世界だからこそ、仲間意識の様な物が勝手に芽生えました☆

今回のお出かけの目的

ラピートに乗りたい

7月は、旦那の難波までの定期、私の南海電鉄の株主の定期券が利用出来、実質無料で大人2人で難波までのお出かけを楽しめます。
以前から興味のあった南海の特急電車、「ラピートに乗りたいなぁ…。(1人で特急券を買う自信が無い)」と旦那に言うと、「じゃあ難波までお出かけするか。」となり、「それならちょっと遠出しようか」と、今回のお出かけが決まりました。

↓南海電鉄についての記事は、こちらをお楽しみ下さい。

株主優待・9044南海電鉄(和歌山市駅へおでかけ)

息子の電車好き欲求を満たす為

1日中YouTubeで踏切動画を見て、電車のおもちゃで遊びまくる息子です。
これは、一度は連れて行かなきゃいけないねと、以前から話していました。
丁度数日後に1歳半になるので、お祝いも兼ねて、お出かけです。
連れて行った事で、ここは好きだけど、ここは興味が無い…等と息子の好みの微妙な差も知る事が出来ました☆

SLに乗ってみたい

京都鉄道博物館は全国でも珍しく、毎日SL運行をしてくれています。
往復約1km、本物の蒸気機関車が牽引する客車に乗車出来ます。
産まれて30数年、乗った事が無かったので、息子の電車好きに乗じてせっかくなので乗ってみようと思いました☆
(息子は電車でも特に汽車が大好きで、「ぽっぽ、ぽっぽ♡」と、汽車の踏切動画の時には背景でもう既に指差して教えてきてくれます。本当にその時は汽車が走っていきます…笑。)

最初で最後の3人家族旅行をしたい

もうすぐ2人目が産まれる我が家。
次回からは4人、当分は父子か母子どちらかが家で待機…という事になるかと思います。
息子と3人では緊急事態宣言の合間を縫いつつ、近場以外では、親戚の家と天王寺動物園とオーディション位にしか出かけていないので、3人では大阪府からは出ていません。
流石に妊娠後期に泊まりで出かける勇気はありませんが、3人でここに行ったねという思い出が欲しく、今回日帰り旅行に丁度良い距離の京都までなら、旦那もいるし体力的に大丈夫かなと、遠征する事にしました。

京都鉄道博物館とは

京都鉄道博物館のホームページはこちら

実は京都鉄道博物館は、入館割引の株主優待があります☆

9021、JR西日本です!

最大2人まで入館券料金が50%OFFになります。
大学生まで割引がありますが、大人は1200円かかるので、結構大きいですね!

ここがJR西日本の運営している博物館だと、入り口の株主優待の案内を見て初めて知りました…笑。
(私は新幹線酔いが酷くて、完全に選択肢に入っていませんでした…。)

行くまでに乗る電車でウォーミングアップ☆

我が家からは、南海電鉄→大阪メトロ→JRを使って、博物館へ行きます。

車で行くのも良いですが(旦那は運転出来るので、よく義父母さんから借りています。)、正直、大阪・京都市内は運転したら面倒な事を知っていますし、ラピートに乗る目的もあれば、息子の電車欲求を満たす旅でもあるので、乗り継ぎ乗り継ぎ向かいます。
(私は車の運転は壊滅的ですが、ずっと250ccバイクに跨っていたので、道路情報は備わっています☆)

南海電鉄の乗客には、以前から文句を言いたい事がありまして、妊婦マークのキーホルダーを付けていても、前の妊娠中に杖をついていても、誰も席を譲ってくれやしません。
今回も然りでしたが、一番先頭の運転席が見える一画を陣取れたので、息子も飽きずに走行する電車に乗ってくれました。
(事前のお出かけで30分位は大人しく座ってくれる事が分かっていますが、なるべく楽しんで欲しいのです。)
また、土曜日の朝でも予想以上に混んでいて、旦那曰く「平日よりマシ」との事ですが、行きでラピート(全席指定席)に乗っても良かったなと思いました。

大阪メトロを使わず、新今宮駅乗り換えでJRでも行けますが、旦那は地下鉄定期もあるので、梅田駅までメトロに乗ります。
地下鉄では、席を譲って頂け、凄く有難かったです。
妊婦が遊びに出かけてすみません…と思ってしまいます…。
でも本当に助かります。
この日を逃せば、ますます身体はしんどくなり、8月の大阪は緊急事態宣言出すよと発表されたばかりなのもあり、一生3人での家族旅行が出来なくなる所なのです…。

JR大阪駅で京都線乗り場へ。
地元が北摂でよく使っていたホームなので、もう慣れたものですが、

相変わらず遅延してます…!!!

新快速でも、カップルの方に席を譲って頂けて、お姉さんに息子は可愛がって貰っていました…笑。
(旦那とお兄さんはずっと立っていて、私と息子、お姉さんが座っていました。)

京都駅から山陰線で一駅の梅小路京都西駅が最寄り駅ですが、計画していた電車は既に出発。
これだから遅延はー…。
(北摂に住んでいた時は、いつもかなり余裕を見て出発していたなぁ…。)
しかも、山陰線は本数が本当に少なくて、「歩いた方が早い」と歩いて行きました…笑。
(タクシー乗り場がこれまた進行方向と逆で、私も十分座って休めて1km位は歩けたので。)

道中に、8591オリックスホルダーなら興味津々になってしまう、京都水族館もありますよ☆

株主総会ライブ配信・8591オリックス

(オリックス株主優待の記事も書きたいのですが、一時大量に株主優待が送られてきた為、
日付指定をすると、息子名義は先日届き、私名義が来週末に届く予定ですので、レポも兼ねて来週以降に纏めて書かせて頂きます。)

無事に、目的地に到着しました。

結構人が並んでいますが、列自体はスムーズに進みました。
山陰線とパチリ。

チケットは現金・ICOCAで購入可でした。
(クレジットカードは使えず、確か交通系ICカードは使えたと思いますが、私がICOCAユーザーなもんで…。)
また、SLスチーム号、レストランの支払いでもICOCAが使えました。

入場して最初に目に留まるのが、

大迫力の電車!!
右の0系新幹線前では、観光地でよくある、プロがカメラを撮りますよ&販売してますよコーナーがあります。
(コロナで他の人に家族写真の撮影が頼めない今、凄く有難く感じます。
我が家も帰り際に撮って頂き、購入しました☆)

最初で最後の家族旅行、3人で写っている写真が欲しかったので、嬉しいです☆
(因みに無料で1枚、頂けましたが、そっちは新聞記事っぽいデザインで、小さかったので購入して良かったです。)

左には、息子大好き、ぽっぽも♡

(一応加工していない写真に関しては、顔が分かりにくい物で選んでいます。)

また、凄くどうでも良い情報ですが、夫婦でポケモンGOをしていまして、ここのポケスポットは最高でたくさん回してました…笑!

SLに乗りに行こう

先程の電車の間の道を抜け、一度博物館に行きましたが、SL乗り場は入り口の方だと案内所で聞き、私だけチケット購入に引き返しました。

SL乗り場前はには、たくさんの汽車!

息子が居ない間に、私の撮り鉄魂が火を噴きます…笑。

転車台もカッコ良い!初めてナマで見ました!!

現在は人数を減らしての運行とありましたが、本数も多く、無事に当日最初の運行のチケットを購入出来ました。

一度博物館の建物に戻り、私も1階を一通り周り、旦那と息子と合流し、時間が近付いてきたので、SL乗り場に向かいます。

客車はこんな感じです。

夏らしく、風鈴も♪

出発前の準備です。

出発時、「ポッポーーーーー!!!」と大きな汽笛が鳴り響き、静かに走り出しました。

息子は音に驚きつつも、走り出した列車内で大人しく座っています(たまに、この子は何歳なんだろうと思います…笑。)

10分程の運行でしたが、在来線の横を走ったり、山陰線の高架をくぐったり、楽しかったです。

「今、横を走るのが、きのさきです」等、アナウンスしてくれ、大人も非常に楽しかったです。
貨物や新幹線も通りますよ☆
(この日、息子は初めてナマ新幹線を見ましたが、ちゃんと普段の勉強の成果か、「(しん)かんせん、かんせん♡」と上機嫌で指していました。)

因みに私は走っている間、ずっと息子と旦那の様子をスマホの動画で撮影しており、家に帰ってからもその様子を息子に見せると喜んでくれました♪

多分、息子は、今は乗るより動画を見る方が楽しいんだと思います…笑。
いやでも、私も十分楽しませて貰ってるので、全然良いです☆

この乗り場の横には、ドクターイエローを模した子ども向け遊具もありました!

次回は、館内の様子やレストラン、そして帰路のラピートについて書かせて頂く予定です。

励みになりますので、いいね代わりにポチっとお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です